アンダーヘアの脱毛

脱毛の部位に名前が付いていますが「iライン」「oライン」「vライン」と言う言葉を聞いたことがあると思います。これらは具体的にアンダーヘアーの脱毛をするときに、処理する部分を細かく分けた言い方になります。

 

「iライン」とは、正面から見えない女性器の周りの部分になります。iラインは、他の皮膚と比べて粘膜から近いのでそのことから他の部位よりも皮膚が弱くなっています。

 

「oライン」とは、肛門の周りを言います。エステによってはoラインと言わずに「ヒップ奥」という言い方をしたりしています。自分ではなかなか見えない部分なので、自分で脱毛するのは難しい場所になります。自己処理をして肌を傷つけかねないですね。

 

「vライン」はビキニラインとも呼ばれています。水着を着た時に隠れる部分の、正面から見てv字になる部分を指します。vラインの皮膚は他の部位の皮膚と比べるとちょっと違うので、処理が難しい部位でもあります。しかも、ムダ毛の質も違うので処理が本当に面倒ですよね。水着を着た時に、水着からはみ出してしまう、デザインが可愛い水着を着ることが出来ない、と言う理由からvラインの脱毛をする人が増えています。

 

iラインやoラインなども、自分で無駄毛処理をするのは難しいので、アンダーヘア全般的にエステでの脱毛が主流になっています。ただ、どうしても恥ずかしさもあり、抵抗を覚える人も少なくないと思います。その辺は、相手はプロなので、下手な羞恥心は持たずに全てお任せしてしまいましょう。自分でムダ毛処理をしてしまうと肌のトラブルを招く恐れがあるので、アンダーヘアの脱毛を考えている人には脱毛専門エステをお勧めします。

 

日本ではまだ盛んではないですが、アメリカやブラジルなど、肌を露出することに抵抗の少ない国では、アンダーヘアの脱毛は一昔前から盛んにおこなわれています。ブラジリアンワックスなど、ワックス式の方法が一般的のようですね。片足を持ち上げられ、戸惑っている間に「ビリッ」と勢いよく剥されます(笑)かなり痛みを伴うのかもしれませんが、驚きや戸惑いの方が強く、痛みをあまり感じないのかもしれません。興味のある方はぜひ一度試してみてください。

 

こちらは元エステ脱毛スタッフの方が運営しているサイトで参考になる情報が掲載されています→永久脱毛マニア姫ちゃんの脱毛日記※体験レビューあり