体毛とホルモンについて

人によって体毛の濃さや多さが違いますが、なぜそのようなことが起こるのでしょう。よくホルモンと体毛に関係性があると言われています。その辺の関係性について詳しく調べてみたいと思います。

 

まず頭髪以外の体毛についてですが、男性ホルモンの分泌が女性ホルモンの分泌よりも多いと体毛は濃くなり、反対に、女性ホルモンの分泌が男性ホルモンの分泌よりも多いと体毛は薄くなると言われています。

 

男性も女性も、ともに両方のホルモンを持っています。これらのホルモンの割合が多い・少ないによって体毛の濃さも変わってくると言う訳です。たとえ女性の方でも男性ホルモンの方が分泌が多い場合は悲しいことに毛深くなってしまいます。

 

これらのことから、女性ホルモンは発毛を抑えると考えられ、市販されている抑毛剤の中には女性ホルモンに似ている化学構造を持つイソフラボンが含まれています。このイソフラボンは豆乳などに含まれているので、「豆乳」という言葉が付く育毛剤が多く出回っているのは、そういった理由があるからです。

 

また、思春期には男性ホルモンの分泌が活発になると言われ、男女とも発毛が促進されます。思春期という一番異性が気になる年頃に毛深さを感じるのは辛いですが、これは自分だけでなく全員が当てはまるのでしょうがないですね。

 

ホルモンですが、常に一定ではなくホルモンのバランスが崩れるという言葉を耳にします。その原因として、ストレスや過激なダイエット、卵巣などの障害で女性ホルモンが相対的に少ない場合など、多毛症が発生します。多毛症というのは、女性なのに男性のように顔や体毛が急激に増えたり濃くなったりすることを言います。よく、出産後の妊婦さんでも体毛が濃くなるという話を聞きますが、これらは全てホルモンのバランスが崩れたことが原因で起こります。治療としては、病院で抗男性ホルモン剤を用いたり、後はレーザー脱毛を使ったりします。
体毛の多さに悩むのも、はっきり言ってもう嫌なので、永久脱毛をやってみようと思います。どうやら今流行っている○ゅゼや○座○ラーなどの脱毛方法は永久ではないらしく、時間が経つとまた生えてしまうみたいです。それだったら、もう二度と生えてこない永久脱毛の方がいいのでこのサイトでクリニックを探してみようと思います。→医療レーザー脱毛なび※全国の病院・クリニックのまとめ


更新履歴